「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【6月23日(金)】小林麻央さんが亡くなりました。

小林麻央さんがご逝去されました。
34歳という若さで、愛するご主人と可愛い盛りのお子さんを残して、さぞかし無念であったと思います。謹んで哀悼の意を表するとともに、ご親族には心からお悔やみ申し上げます。

私はがん教育の授業で、いつも麻央さんのブログのコメントを使わせて頂いています。麻央さんには一度もお会いしたことはないのですが、ブログを読み進むうちに、まるで自分の患者さんのような親しみを感じるようになり、彼女や彼女のブログの読者の生きた言葉を、たくさんの子どもたちに伝えてきました。

麻央さんの訃報をネットの速報で知った時は、学会のシンポジウムの打ち合わせの最中でした。職業柄、患者さんが亡くなることには慣れっこのはずなのに、なぜか胸がツンとしました。

学会会場で読売新聞の取材を受けた時、「多くの人が自分の身内のような気持ちで麻央さんの闘病を見守ってきたのではないか。」と、反射的に答えたのですが、実際に今日病院に行ってみると、ベテラン看護師さんたちまでが、麻央さんの話で涙ぐんでいるのを目の当たりにして、日本人にとって麻央さんは特別な存在だったのかもしれない、と改めて思いました。

f:id:doctor-teacher:20170624205008j:plain

「彼女が闘病の様子をブログで発信し続けた意味、みんなに伝えたかったことの意味を考えてほしい。最後は決して闘病をあきらめた訳ではなく、彼女らしく人生を駆け抜けたのではないか」、ともコメントしましたが、彼女がブログを始めたのは一人の人間として、病気に臆することなく、前向きに生きていくのだ、という決意の表れだったと思います。

そして一見読者に語りかけているような言葉のほとんどは、実際には、愛するご家族に向けてのメッセージだったのではないでしょうか。それゆえ、私を含め多くの読者たちは、彼女のメッセージを、知らず知らずのうちに、家族の一人として受け止めてきたのかも知れません。

ご主人の海老蔵さんも、素晴らしい夫ぶりです。六本木でトラブルをおこしていた頃の海老蔵さんは、個人的にはとても好きになれませんでしたが、先日のNHKのインタビューで、「今一番したいことは何ですか?」という質問に、「家の前の公園を、もう一度親子4人で歩くことです。」とお答えになった時の表情に、この数年の彼の苦悩が垣間見えたような気がして、その日から大ファンになりました。海老蔵さんは、麻央さんの病を通して、心身ともに非常に逞しくなられたように思います。

記者会見では、最後の時間を在宅でお過ごしになったことについて、「すごく良かった。病院で亡くなった父親の時とは違って、家族が一緒にいられた時間は、かけがえのない時間でした。」と、言っておられました。海老蔵さんのこの一言で、わが国の在宅医療が一気に進むかもしれません。

麻央さんや海老蔵さんの言葉には、大きな、大きな影響力があります。芸能人であるが故のご苦労もおありだったと思いますが、本来隠れてしまう、がん患者とその家族の苦悩を、ブログを通じて、その身をもって、何百万人という国民に明らかにして下さいました。お二人にしか出来ない、素晴らしいがん啓発でした。本当に尊いことであり、がん専門医としても、心からの感謝の念で一杯です。

どんな方にも、それぞれのドラマがあります。私は病院で、その方の生活の、ほんのごく一瞬を見ているに過ぎません。一人一人の患者さんのドラマに想いを馳せ、プロとして可能な限り寄り添っていくことを忘れてはいけないと、肝に銘じました。

【6月14日(水)】朝日新聞に小林校長が掲載されました。

このブログで何度もご紹介している、豊島区立明豊中学校の小林校長を、朝日新聞東京版で取り上げていただきました。私は30年以上、がん専門医として仕事をしてきましたが、小林校長には、お会いしたその日から、すっかり魅了されてしまいました。医師として、そして一人の友人としても、最大限の畏敬の念をもっています。

 

f:id:doctor-teacher:20170614104557j:plain

小林校長は、自分自身の置かれている状況を正確に把握し、常に最適の解答を導き出しておられるように思います。がん患者さんやご家族はもちろん、健康な方々にとっても、彼の考え方や生き方は、とても参考になるはずです。

 http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/04/09/113818
豊島区立明豊中学校と、小林校長との出会い。
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/04/10/080129
小林校長①
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/04/11/002551
小林校長②
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/04/12/060840
小林校長③
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/05/13/231212
豊島区立明豊中学校の道徳授業地区公開講座で講演しました①
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/05/14/112402
豊島区立明豊中学校の道徳授業地区公開講座で講演しました② 
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/05/15/000000
豊島区立明豊中学校の道徳授業地区公開講座で講演しました③
http://doctor-teacher.hatenablog.com/entry/2017/05/16/000000
豊島区立明豊中学校の道徳授業地区公開講座で講演しました④

実は、5月13日の明豊中の授業と、6月2日の神戸市立東落合中学校の授業には、NHKあさイチの取材が入りました。7月26日朝8:15~のあさイチでは、一時間弱のがん教育特集を放送していただく予定になっています。当日は私も生出演いたしますので、がん教育に関心のある方は、ぜひご覧ください。

 

 

【6月7日(水)】朝日新聞で私の患者さんをご紹介いただきました。

朝日新聞の『老いとともに』という特集記事に、現在、私が治療を担当させていただいている患者さんをご紹介いただきました。高齢者のがん治療をどう考えるべきか、という企画です。

f:id:doctor-teacher:20170609083646j:plain

彼女は現在80歳で、一昨年に、かなり進行した食道がんが見つかりました。手術をするには進行しすぎていたため、消化器外科の主治医から、化学放射線療法(抗がん剤と放射線の併用療法)を提案され治療をしたところ、著効して、病巣はかなり小さくなりました。

f:id:doctor-teacher:20170607213448j:plain根治の可能性もでてきたので、主治医は手術を勧めたのですが、彼女は頑として拒否しました。主治医は、手術がどうしても不安なら、せめて抗がん剤の治療を続けてはいかがですか?とも提案したそうですが、彼女の態度は変わりませんでした。

 手術をしないなら、抗がん剤や緩和ケアが専門の私の方がいいだろうと、外科医が私を紹介してくれたので、私がその後の主治医となりました。

 外来でお話ししてみると、彼女は非常に聡明で、穏やかで、ご自身の状況も、治療の選択肢についても、全てを理解していました。ご夫婦二人のお宅でしたが、とても面倒見のいい娘さんがお近くにお住まいで、治療を拒む社会的な要因も全くありませんでした。

ただ、彼女には、足が不自由で、介護が必要な夫がいました。これまでも、彼女が二人三脚で彼を支え続けていたのです。幸い最初の治療の副作用は、それほど強くなかったので、治療中も、彼女はずっと彼を介護し続けることができたのでした。

f:id:doctor-teacher:20170607213811j:plain

最初の外来で、『なぜ引き続いて、追加の手術や抗がん剤の治療をしなかったんですか?』と訊ねた時、彼女は『7歳年上の夫をずっと支えていたいので、がん治療で体力を消耗したくないんです。』、と答えてくれました。『87歳になった夫も、食道がんになった自分も、もう残された時間はそう長くはありません。それならば私は死ぬまで彼の世話をしていたいんです。』 

彼女の凛とした態度と、愛情に溢れた明快なお答えに、私は正直その場で深く感動してしまって、頷くだけで精一杯でした。

それからずっと、彼女は3か月おきに一年近く、経過報告だけに外来受診してくれました。ところが先日の外来では、診察室に入ってくるなり、『先生、私ちょっとだけ治療してみたいんですけど・・・』とおっしゃったのです。

理由をお聞きしたら、付き添いの娘さんが、『父が2週間前に亡くなったんです』、と教えてくれました。ご本人は『看病生活が終わって、自分ももういいかな、と思ったんですけど、この娘から、「これから先は自分のために生きて!」って言われて、少し前向きに生きてみようって、考え直しました。今さら、抗がん剤で苦しむのは嫌ですけど、ちょっとだけ治療してみたいんです。点滴じゃなくて、飲み薬の抗がん剤とか、ありませんか?』とにこやかにおっしゃいました。

私からは、内服の抗がん剤もあるけれど、効果のある可能性はせいぜい1割か2割程度で、逆に副作用で苦しむ可能性の方がずっと高いこと、このまま経過を見て、もし食道が狭くなって食べ物が通らなくなったら、内視鏡で食道ステントをいれるとか、サポーティブな医療をお受けになったほうがいいのではないか、などとご説明しました。どう考えてもメリットよりデメリットを被る可能性の方が高いことを強調しました。

f:id:doctor-teacher:20170607214053j:plain

でも、彼女は相変わらずの笑顔で、『そうでしょうねぇ。。。。でもね、私、どうせ死ぬんなら、ちょっとだけ、ちょっとだけ、最後に挑戦してみたいんです。』と譲りません。

なんて素敵な患者さんでしょう! 娘さんも、微笑みながら大きく頷いているのを見て、私は迷うことなく、彼女に内服の抗がん剤治療を行うことを決めました。もちろん治療してみて、副作用が強かったり、効果が出ないようならば、早めに中止することもご了解いただいています。

 

わが国は超高齢化社会を迎えつつありますが、『高齢者だから.....』なんてくくり方は、それ自体、ちょっと不遜のようにも思います。彼女のように、状況によっては、生き方すら変わってしまう場合もあるわけですから、重要なのは、その場その場で、患者さん側に選択する自由があることではないでしょうか。

われわれの仕事は、病気を治すことだけではありません。患者さんの人生の結び方のご相談に乗ることも、すごく大切な仕事の一つなんだと、改めて感じ入りました。