「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

がん教育を始めたのは、なぜ?②

では、なぜ一向に、このようながんに対する誤解や無理解が改善されないのでしょうか?

私は日本人の生活から「病」や「死」が遠ざけられてきたことが、その大きな原因の一つだと思っています。1961年に国民皆保険制度が確立されて以降、日本人の死亡場所は、自宅から病院へと大きく方向転換し、現在は大半の国民が病院で死を迎えるようになりました。

f:id:doctor-teacher:20170203230219j:plain

そして、わが国の国民健康保険制度は、世界最高レベルの医療を安価で保証する、実に素晴らしい制度です。高額療養費制度という還付制度もあり、加入者は、年間に何千万円医療費がかかろうと、実際の自己負担額は100万円を超えることはほとんどありません。世界中のどの国よりも、国民の経済的負担は少ないと思います。

国民は健康保険制度によって、安価で高度な医療を手に入れましたが、一方で、それまで家族が対峙してきた「病」や「死」を、全面的に医療側にゆだねる、あるいはゆだねざるを得ないようになりました。そして、次第に「病」や「死」は、忌み嫌うものとして日常生活から遠ざけられるようになり、今では、むしろ非日常のものになってしまったのかもしれません。

病人が自宅からいなくなって、人々は間近に家族の闘病や死を経験することがなくなり、いつの間にか、「人はいつか病み、老い、そして死ぬ」という、ごく当たり前の事実すら受け入れられない国民性が形成されてしまったようにも思います。

現在の日本人にとっては、自分が健康であることが当然であり、がんのような死に至る病気は、突然襲いかかった災難でしかないのかもしれない、と言ったら、ちょっと言いすぎでしょうか?

がん教育を始めたのは、なぜ?①

私は数年前から、学校で子供たちへの「がん教育」を行なうようになりました。私がなぜ学校でこどもたちに「がん教育」をするようになったのか、「がん教育」とはどのようなものなのか、そして子どもたちにどんな効果や影響があるのか、といった話も、ブログでお伝えしていこうと思います。

変わらない外来風景

いまや、がんは国民病であり、日本人男性の3人に2人、女性の2人に1人はがんになります。そして様々なメディアからは、毎日のように様々ながん情報が発信され、世の中に溢れていますが、なぜかみなさん、どこか他人事です。

私は医者になってからちょうど30年になりますが、この間に、国民の健康意識は大きく向上しました。ところが、がんに関する限り、特にがん告知や、厳しい予後についてのお話をするときの、患者さんやご家族の反応は、30年前とほとんど変わりません。

f:id:doctor-teacher:20170202230435j:plain

実際の告知現場では、大半の方が、「私ががんになるはずはない」、「なぜ私の大切な家族が、よりによってがんなんかに…」と否認したり悲嘆にくれたり、ひどいパニックに陥ったりします。

 

突然の告知により精神的なショックを受けることは、とてもよく理解できます。しかし、2人に1人ががんになる時代だというのに、自分ががんにならないと思い込んでいる方がここまで多くいらっしゃることや、100%完治するであろう、ごく早期の患者さんでさえ、がん告知により精神的にぎりぎりまで追い込まれてしまうことを目の当たりにして、自分は一体どうしたらいいのだろう、と私はいつも考え続けていました。

そして、自分ががん専門医として診療に注力すればするほど、診察室だけでなく病院の外でも、がん患者さんやご家族に正しい情報をお伝えして、少しでも安心していただきたいたい、がんの啓発をしたい、という気持ちが、日に日に強くなっていったのです。

 

東京都学校医会会報平成29年3月号に、大きく取り上げていただきました。

3月16日の東京都医師会で行ったがん教育の講演を中心に、東京都学校医会会報平成29年3月号で大きく取り上げていただきました。

東京都医師会副会長の近藤先生は以前からのお知合いですが、私にとっては、都医師会が、がん教育に積極的に関わって下さることは、非常に心強いの一言です。

下表は東京都の学校数です。国公立、私立すべての合計です。

f:id:doctor-teacher:20170415220615j:plain

これだけの数の学校すべてに、がん専門医が訪問することは、いくら東京でも不可能ですが、学校には必ず校医さんがいます。校医の先生方にも、がん教育をお引き受けていただければ、とても大きな力になります。

実際に子どもたちに効果的な授業を提供するためには、われわれ専門医は、校医の先生方と密に連携し、ともに研修する必要がありますが、がん教育推進協議会を通じて東京都の共通プログラムを作成し、学校の先生、教育委員会の方々や行政とも積極的に情報共有していけば、数年のうちには、ある程度は、がん教育の標準化、均てん化が、可能になるのではないでしょうか。

f:id:doctor-teacher:20170415222229j:plain

f:id:doctor-teacher:20170415215252j:plain

f:id:doctor-teacher:20170415222313j:plain

f:id:doctor-teacher:20170415222330j:plain