「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

学会

【11月12日(日)】第14回九州思春期研究会で講演しました!

九州思春期研究会は、平成16年に結成された比較的あたらしい研究会ですが、思春期の諸問題にかかわる様々な職種、立場の方々の繋がりが重要であるとして、「縦」の連携には助産師医師、保健師、保育師、幼稚園養護教諭、教師、などの連繋、「横」の連携に…

【7月27日(木)】日本臨床腫瘍学会のがん教育のシンポジウムで発表しました。

神戸コンベンションセンターで開催された、第15回臨床腫瘍学会のシンポジウムで発表しました。このシンポジウムは、日本臨床腫瘍学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本対がん協会の合同シンポジウムです。 まず最初に文部科学省初等中等教育局の北原加奈…

【6月23日(金)】日本緩和医療学会でがん教育のシンポジウムをしました。

横浜パシフィコで行われた、第22回日本緩和医療学会で、がん教育のシンポジウムの座長をしました。 この企画は、もう一人の座長の埼玉医大総合医療センターの儀賀(ぎか)先生のご提案です。儀賀先生は、私より遙か以前、もう10年以上前から、いくつもの学…

【5月16日(火)東京がん化学療法研究会で講演しました。

東京慈恵会医科大学の相羽恵介教授のお招きで、東京がん化学療法研究会(TCOG)の例会で、がん教育の講演をさせて頂きました。 TCOGの歴史は古く、1972年3月、第1回月例研究会を国立がんセンター内カンファレンスルームにて開催したことを契機に発足し、がん…