「がん」になるって、どんなこと?

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【4月13日(木)】神戸に行ってきました。

神戸市教育委員会を通じて、神戸市須磨区の市立東落合中学校から、がん授業の依頼があり、4月13日に神戸まで、事前の打ち合わせに伺いました。 東落合中学校は、神戸市中心部の三宮から約10kmほど西方に位置します。昭和40年代に神戸では、神戸方式と称され…

小林校長③

『豊島区学校保健会便り』には、がん教育を推進していた小林校長が、ステージ4のがん宣告を受けてからのことが、極めて冷静に記されています。私は校長室で、もっと詳しく、経時的なお話まで伺っていたのですが、彼の話を聞いているうちに、だんだん落ち着…

小林校長②

東京都豊島区では、全国に先がけ、平成23年4月に豊島区がん対策推進条例を施行しました。 この条例の第5条3号には、「教育委員会と協働し、健康教育の一環として、児童・生徒及び保護者に対し、がんの予防に関する普及啓発を図るための施策 」を行うと明記…

小林校長①

明豊中学校での授業後に、控え室の外部講師にご挨拶にいらした小林校長は、一人ひとりの講師やその関係者にお礼を述べて回っておられましたが、私に対しては、授業のお礼や感想だけでなく、「このあとちょっと校長室にお立ち寄りいただけませんか?」と、小…

2017年授業その4 【 3月4日(土) 豊島区立明豊中学校】と、小林校長との出会い。

1月14日の豊島区立千川中学校での授業を、先生方や保護者の方々に高く評価していただいた結果、近隣の豊島区立明豊中学校からも、日本対がん協会を通じて授業依頼がありました。 明豊中学校では、としま土曜授業の一環として、中学校2、3年生の生徒が、自…

2017年授業その3 【 2月17日(金) 中野区立大和小学校】

少子化や校舎の老朽化から、中野区立大和小学校は3月いっぱいで、その76年の長い歴史に幕を閉じました。 4月からは、近隣の若宮小学校と統合されて、中野区立美鳩小学校として生まれ変わります。その記念すべき最後の卒業生となる、6年生の2クラスに合同で、…

2017年授業その2【2月14日(火)、21日(火) 新宿区立落合第一小学校)】

新宿区落合第一小学校は、私のがん教育のルーツともいえる学校です。 よりよい授業にすべく、2013年から毎年、養護教諭の若林先生と試行錯誤を繰り返してきましたが、今年は学級担任の先生にも積極的に分担関与していただくようにお願いしました。これを勝手…

2017年授業その1 【1月14日(土) 豊島区立千川中学校)】

今年の最初の授業は、豊島区立千川中学校です。日本対がん協会からのご紹介です。 としま土曜公開授業という課題別学習で、「租税教育」「国際理解教育」「新聞教育」「金融教育」「がん教育」「主権者教育」、という現代社会の課題について、中学1年と2年生…