読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんになるって、どんなこと?

大学病院のがんセンター長が、子どもたちへの『がん教育』に目覚め、教員免許まで取得して伝えたいこととは?

お知らせ

お知らせ

f:id:doctor-teacher:20170224150533p:plain

突然のお知らせで恐縮ですが、がん教育とがん啓発の本を、明日2月25日に出版します!
https://www.amazon.co.jp/dp/4860087186

私の言いたいことや伝えたいこと、その全てが、この一冊の本の中にあります。半年がかりで書き上げた、自分としては渾身の企画本です。がん医療やがん教育に全く関係のない、一般の方々や子どもたちでも、この本を読んでいただければ、リアルながん体験をしたのと同じような学びが得られるように、文章や単語の隅々まで気を配り、自分が考えうる限りの想いを詰め込みました。

「なんだ、このブログは、本を売って儲けるための宣伝なんだ!」、とお思いになる方が多いかもしれませんが、決してそうではありません。この本の執筆は私にとっては神聖な作業であり、卑しい気持ちにならないように、印税はゼロで契約しました。昨年出版した近藤先生との対談本も、印税は本自体で受け取って、患者さんや若手の医療者、市民の皆様に全て差し上げました。現金は一円も頂いていませんが、今回は、さらに特別な思い入れがあったので、一人でも多くの方々に読んでいただけるように、出版社には、印税分を本自体のクオリティーの向上と広告に振り分けてもらうように依頼しました。

そして、本文に登場する3人の患者さんは、全て本当の患者さんたちです。読み進めるうちに、読者が身近な誰かに思いを馳せ、がんを通して、改めていのちや家族について考えていただけるならば、作者として、こんな嬉しいことはありません。

f:id:doctor-teacher:20170224150658p:plain

実際にお手にとっていただければ、すぐにお分かりいただけると思うのですが、表紙は図書館に置きやすいようにハードカバーにして、紙質やインクの色、イラストなどにも徹底的にこだわりました。
もはや、この本は、私の分身です。ぜひご一読ください。
ちなみに、このブログは、今後も、ず~っと続けますよ!

初めてこのブログにいらした方は、ぜひ最初からお読み下さい。