「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【6月23日(金)】小林麻央さんが亡くなりました。

小林麻央さんがご逝去されました。
34歳という若さで、愛するご主人と可愛い盛りのお子さんを残して、さぞかし無念であったと思います。謹んで哀悼の意を表するとともに、ご親族には心からお悔やみ申し上げます。

私はがん教育の授業で、いつも麻央さんのブログのコメントを使わせて頂いています。麻央さんには一度もお会いしたことはないのですが、ブログを読み進むうちに、まるで自分の患者さんのような親しみを感じるようになり、彼女や彼女のブログの読者の生きた言葉を、たくさんの子どもたちに伝えてきました。

麻央さんの訃報をネットの速報で知った時は、学会のシンポジウムの打ち合わせの最中でした。職業柄、患者さんが亡くなることには慣れっこのはずなのに、なぜか胸がツンとしました。

学会会場で読売新聞の取材を受けた時、「多くの人が自分の身内のような気持ちで麻央さんの闘病を見守ってきたのではないか。」と、反射的に答えたのですが、実際に今日病院に行ってみると、ベテラン看護師さんたちまでが、麻央さんの話で涙ぐんでいるのを目の当たりにして、日本人にとって麻央さんは特別な存在だったのかもしれない、と改めて思いました。

f:id:doctor-teacher:20170624205008j:plain

「彼女が闘病の様子をブログで発信し続けた意味、みんなに伝えたかったことの意味を考えてほしい。最後は決して闘病をあきらめた訳ではなく、彼女らしく人生を駆け抜けたのではないか」、ともコメントしましたが、彼女がブログを始めたのは一人の人間として、病気に臆することなく、前向きに生きていくのだ、という決意の表れだったと思います。

そして一見読者に語りかけているような言葉のほとんどは、実際には、愛するご家族に向けてのメッセージだったのではないでしょうか。それゆえ、私を含め多くの読者たちは、彼女のメッセージを、知らず知らずのうちに、家族の一人として受け止めてきたのかも知れません。

ご主人の海老蔵さんも、素晴らしい夫ぶりです。六本木でトラブルをおこしていた頃の海老蔵さんは、個人的にはとても好きになれませんでしたが、先日のNHKのインタビューで、「今一番したいことは何ですか?」という質問に、「家の前の公園を、もう一度親子4人で歩くことです。」とお答えになった時の表情に、この数年の彼の苦悩が垣間見えたような気がして、その日から大ファンになりました。海老蔵さんは、麻央さんの病を通して、心身ともに非常に逞しくなられたように思います。

記者会見では、最後の時間を在宅でお過ごしになったことについて、「すごく良かった。病院で亡くなった父親の時とは違って、家族が一緒にいられた時間は、かけがえのない時間でした。」と、言っておられました。海老蔵さんのこの一言で、わが国の在宅医療が一気に進むかもしれません。

麻央さんや海老蔵さんの言葉には、大きな、大きな影響力があります。芸能人であるが故のご苦労もおありだったと思いますが、本来隠れてしまう、がん患者とその家族の苦悩を、ブログを通じて、その身をもって、何百万人という国民に明らかにして下さいました。お二人にしか出来ない、素晴らしいがん啓発でした。本当に尊いことであり、がん専門医としても、心からの感謝の念で一杯です。

どんな方にも、それぞれのドラマがあります。私は病院で、その方の生活の、ほんのごく一瞬を見ているに過ぎません。一人一人の患者さんのドラマに想いを馳せ、プロとして可能な限り寄り添っていくことを忘れてはいけないと、肝に銘じました。