「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

がん細胞とは、どんな細胞なのでしょう?

われわれの体には、約37兆個の細胞があるとされています。生命活動を行っている限り、組織は成長や新陳代謝を続けますが、言い換えれば、毎日、体内では何百億個という細胞が死に、そして新たに生まれているのです。

細胞分裂は、もとの細胞にある遺伝子情報のコピーから始まりますが、その遺伝子情報の本質は、DNAに並んだ塩基の単純な配列です。

細胞は化学反応により、30億個といわれる膨大な塩基配列を読み取り、奇跡ともいえるような正確さでコピーし、全く同じ遺伝子情報を持った2つの細胞に分裂します。その様子は下の動画をご覧下さい。これはウニの受精卵細胞の分裂像です。時間は早送りになっています。

      f:id:doctor-teacher:20170128101032g:plain

このように、ほとんどの細胞は生涯、常に分裂を繰り返しますが、あまりに遺伝子情報が膨大なため、時に、コピーミスしてしまうことがあります。がん細胞はこのコピーミスが原因で生じます。発がん物質や放射線は、遺伝子を傷つけ、このコピーミスを起こしやすくするのです。

しかしながら、コピーミスしたまま生まれた細胞は、正常細胞とはちょっと顔つきが変化するものの、いきなりがん細胞に変化するわけではありません。通常は、何回かミスが重なって、修復不可能になった時に、はじめてがん化すると考えられています。

そして、数学的な確率から考えると、ヒトの体内では、毎日、何百、何千というがん細胞が生じているはずなのですが、皆さんががんを発症しないのはなぜでしょうか?

その大きな力となっているのは、われわれの体に備わる強力な免疫機構です。通常は、がん細胞が生まれても、自分の免疫力によって、すみやかに排除されているのです。下の図は、マクロファージと呼ばれる免疫担当細胞が、細菌やがん細胞を攻撃している想像図です。

                  f:id:doctor-teacher:20170128104214j:plain  

ただ、時として、免疫細胞の厳しい監視の目をすり抜けて、がん細胞が増殖し続けることがあります。それがいわゆる「がん」と呼ばれる疾患です。