「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

早期がんを見つけるために...

 それでは、どうすれば、がんを早期のうちに見つけることができるのでしょうか?

がん患者さんに対して、がんを発見した経緯をおたずねした調査があります。 f:id:doctor-teacher:20170130203555j:plain

自覚症状が出現したため、医療機関を受診して発見された患者さんが47.2%、住民検診あるいは職場検診で発見された患者さんが31.9%でした。自覚症状が出るまで、検査を受けない方が相当数いらっしゃることが伺えます。

さて、検診に行くのと、症状が出てから受診するのでは、どのような違いがあるのでしょうか?

各がんごとに、発見経緯とがんの進行度の調査を行った別の研究があります。

f:id:doctor-teacher:20170130203705j:plain

早期がん(上皮内がん+限局がん)の割合は、全てのがんで、検診群が、受診群(検診以外の発見経緯)よりも、ずっと高いようです。

以前の記事で、早期がんのうちにがんを見つければ、9割以上が治るとお伝えしましたが、早期がんを見つけるためには、検診を受けた方が有利なことは、明らかですね。