「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【10月22日(日)】第10回中野医療フォーラムで講演しました!

 

f:id:doctor-teacher:20171022224718p:plain

中野区医師会主催の中の医療フォーラムで講演させていただきました。衆議院選挙の投票日で、しかも季節外れの台風の影響で大雨だったにもかかわらず、何と120名もの方々に集まっていただきました!

これもひとえに、立派なポスターまで作成して、幅広く広報活動をしてくださった中野区医師会の皆さまのご尽力の賜物と、心から感謝申し上げます。中野区の田中区長、中野医師会の溝口会長にもご参加いただき、素晴らしい舞台をご提供賜りました。

ご参加いただいた聴衆の皆様、すべてのスタッフの方々には、心から御礼申し上げます。

 

 

田中区長のご挨拶では、中野区では、まさに地域が一体となった健康づくりをしており、がん教育も医師会と教育委員会が積極的に連携して推進していることをご紹介いただきました。また大人の啓発には限界があるが、子どもから親への働きかけは、実に大きな効果を生むとお話いただきました。田中区長のおっしゃる通り、がん教育を通じて、ご家庭で親子で健康談義をしていただきたいですね。

f:id:doctor-teacher:20171022225743j:plain

また、溝口中野区医師会長からは、がん教育は単なる疾患教育ではなく、健康教育そのものなのだと、皆さんに繰り返しご説明いただきました。今後の医師会との連携に大きな糧となります。誠に有難うございました。

f:id:doctor-teacher:20171022231720j:plain

f:id:doctor-teacher:20171022230540j:plain

医師会の事務局が早速まとめてくれたアンケートデータでは、参加者は中野区を中心とした一般市民の方がほとんどで、医師会の講演は初めてという方が7割もいらしたのは、啓発活動をしている私にとっては実に有難いことです。9割以上の方に共感頂いたことにも、今後の活動への自信を頂きました。すべての皆様に、ただただ感謝、の一日でした。

f:id:doctor-teacher:20171022231227j:plain