「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【11月1日(水)】日本学校保健会会報「学校保健」誌に『学校でがん教育を実践するための手引』が掲載されました!

日本学校保健会の会報「学校保健」誌は、奇数月に隔月発刊されます。日本全国の学校はもちろん、学校保健に携わるほとんどすべての組織や機関、個人にも配布される、学校保健のバイブル的存在です。

f:id:doctor-teacher:20171104232356j:plain

今回は特集『命の大切さを考える健康教育』全5回シリーズの第4回として、「学校でがん教育を実践するための手引」を執筆し、巻頭の3ページに掲載していただきました。この会報は、どなたでも下記からダウンロードできます。

http://www.hokenkai.or.jp/kaiho/pdf/0097_327.pdf

今、なぜ学校でがん教育を行わなければならないのか、

 ● がん教育の現状と課題

 ● がん教育の意義と目標

 ● がん教育の具体的な内容と教材

 ● 外部講師の活用について

 ● がん教育における配慮

の各項について、私がこれまでがん教育を行ってきた経験を踏まえて解説しました。

教育関係者でなくても、学校保健やがん教育に興味のある方は是非ご一読ください。

f:id:doctor-teacher:20171104231724j:plain

 

f:id:doctor-teacher:20171104232307j:plain

f:id:doctor-teacher:20171104232335j:plain