「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【11月2日(木)】第18回 川崎北部地域連携がん治療・緩和ケアの会で講演しました!

第18回 川崎北部地域連携がん治療・緩和ケアの会で、がん教育の講演をしました。火座長をしてくれた、聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科の大坪毅人教授は、私と東京女子医科大学消化器外科の同期で、研修医から助教の時代には、まさに寝食を共にした間柄です。今回は聖マリアンナ医科大学の医師を中心とした、川崎市周辺の医療関係者にがん教育の意義や実践について話をする機会を与えていただきました。

f:id:doctor-teacher:20171107230239j:plain

始まったのが19時40分、終わったのが21時近かったにもかかわらず、大勢の方々が私の話を聞いてくださり、本当にありがとうございました。講演後の感想を頂いたので、以下にそのままコピペします。

 

f:id:doctor-teacher:20171107223338j:plain