「がん」になるって、どんなこと?

「がん」になるって、どんなこと?

大学病院のがん専門医による、がん教育活動の記録です。

【11月14日(火)】愛知県東海市立名和中学校で授業をしました!

愛知県東海市名和(なわ)付近には古代からの神話が伝承され、日本武尊にゆかりのある古墳が数多く見られます。地名も由緒ありそうな名前が多く、東海道本線の大高駅から乗ったタクシーの運転手さんが、こんな素敵な話をしてくださいました。

*** 日本武尊は、大和朝廷の命を受けて、東国遠征の旅に出た際に、波静かな伊勢の海を渡って、知多の海岸に船を着けました。「ちょうど良いところに松がある。ここに船をつないでおこう。」と、縄で船を松の木にしっかりとつなぎとめました。そして「縄で船をつないだところだから、ここを『なわ』と名付けようではないか。」と日本武尊がおっしゃったことが、古代から伝わる名和の地名の由来なんです。***

なんか壮大なお話ですね。

f:id:doctor-teacher:20171122104828j:plain

今回その名和(なわ)中学校からご依頼があり、がんの授業をさせていただきました。学校保健委員会の講演の形ですが、全校生徒と保護者の方に体育館までご参集いただき、一時間の授業です。

肌寒い日だったので、体育館の床に体育座りの生徒たちが少々気の毒でしたが、皆さん静かに授業参加してくれました。私の質問に対しての生徒からは、土地柄か思いやりに溢れた回答が多く、古き良き日本がそのまま残っているような気がしました。

f:id:doctor-teacher:20171122110105j:plain

 

f:id:doctor-teacher:20171122110132j:plain

授業後、養護教諭の土平先生から、暖かいメールを頂戴したので、以下に転載します。名和中の皆様、誠に有難うございました。

=====================

林先生

先生のお話、とても心に響くものでした。もっと保護者や地域の方々にも声をかけるべきだったと悔いています。生徒には、会の後に振り返りを書かせたのですが、家族や友だちの立場にも置き換えて話を聞くことができたようです。また、「家族にがんのことを話した」、「親がたばこをやめてくれない・・・」などと話をしてくれた生徒もいます。彼らなりにいろいろと思いを巡らせているようです。先生がおっしゃってくださったとおり、温かい心を持ち合わせた子どもたちなのだと改めて実感しました。先生の嬉しいお言葉につきましても、教師として励まされた気がします。名和中の職員一同、地域や家庭と連携を図りながら,子どもたちを大切に育てていきたいと思います。

お忙しい中、ますます活躍されることと存じております。どうかお身体だけはお大事にお過ごしください。今回は,思いのこもったお話を本当にありがとうございました。

東海市立名和中学校 土平季絵
=========================